神前式で挙げる

神前式では文字通り神様の前で行う結婚式のことを指します。 神様といっても教会ではなく神社などで行われます。 日本人は宗教心が薄い為、キリスト教の式を選ぶ人も多いですが、神前式は日本人が本来行う伝統ある結婚式のスタイルです。 新しいものを好む傾向にあり一時的に遠ざかりましたが、近年日本の文化が国際的に注目されたことをきっかけにし神前式の人気が再来しています。 若い新郎新婦には馴染みがないかもしれませんが、神前式を行う際には神社に謝礼として初穂料や玉串料と呼ばれるものを納めるのが一般的です。 これが挙式費用に当たります。 費用はおおよそ38万円くらいです。 挙式費用の平均よりは少し高めですが、厳粛な雰囲気を好む新郎新婦からの人気は高いです。

神前式は先ほども述べたように日本に古くから伝わる伝統ある結婚式のスタイルです。 神主さんや巫女さんが立会いのもと厳粛な雰囲気で行われることが最大の特徴です。 新婦は白無垢や打掛けに身を包み、新郎も紋付袴を着用します。 現在では、このような衣装が逆に新鮮で若い新郎新婦にも選ばれています。 教会で行う式との大きな違いは、基本的に列席者が親族のみになることです。 親や兄弟、祖父母やおじおばくらいの近親者のみで行われます。 両家合わせて多くても50人くらいいまでが限度になります。 また神前式の特徴として式の中で両家を結びつける儀式が行われます。 神前式で結婚とは新郎新婦の二人だけでなく両家が結ばれるものとの考え方が日本人らしくてとても素敵です。